現所有者に関する申告書の提出について

2020年9月1日

制度の概要

 固定資産税は、土地又は家屋の所有者として登記簿又は土地補充課税台帳若しくは家屋補充課税台帳に登記又は登録されている個人又は法人に納めていただくものです。

 しかしながら、賦課期日(毎年1月1日)前に個人が死亡又は法人が消滅している場合には、賦課期日において、その土地や家屋を現にお持ちの方に納めていただくこととなりますので、該当する方は、住所、氏名又は名称、固定資産の種類、所在などについて申告してください(志布志市税条例第74条の3において申告の義務が定められています。)。

 

志布志市税条例 第74条の3(現所有者の申告)

現所有者(法第384条の3に規定する現所有者をいう。以下の条及び次条において同じ。)は、現所有者であることを知った日の翌日から3月を経過した日までに次に掲げる事項を記載した申告書を市長に提出しなければならない。

⑴ 土地又は家屋の現所有者の住所、氏名又は名称、次号に規定する個人との関係及び個人番号又は法人番号(個人番号又は法人番号を有しない者にあっては、住所、氏名又は名称及び同号に規定する個人との関係)

⑵ 土地又は家屋の所有者として登記簿又は土地補充課税台帳若しくは家屋補充課税台帳に登記又は登録がされている個人が死亡している場合における当該個人の住所及び氏名

⑶ その他市長が固定資産税の賦課徴収に関し必要と認める事項 

 

提出書類

現所有者に関する申告書(87KB)

 現所有者に関する申告書(記載例)(131KB)

○ 申告者の本人確認書類(運転免許証、保険証等)の写し

お問い合わせ

税務課
固定資産税係
電話:099-474-1111