妊婦健康診査について

2020年12月2日

 志布志市では、妊婦さんが安心して出産を迎えられるよう、妊婦健康診査を受けていただく際、委託医療機関・助産院において志布志市妊婦健康診査受診票をご利用いただくことで、検査費用の一部を助成します。妊婦健康診査の開始時期は、診断を受けた医師や助産師の指示に従ってください。

 なお、妊婦健康診査の助成対象となるのは、母子健康手帳交付後の妊婦健康診査に限ります。

 

受診票の交付

 妊娠が分かったら母子手帳交付日に担当窓口までおこしください。母子健康手帳交付に併せて健康診査受診票綴を配布します。

 (母子手帳交付についてはこちら

 

助成回数

 1度の妊娠につき、妊婦健康診査にかかった費用(一部)を14回分まで助成します。

※多胎妊娠は、18回分助成(追加分の受診票は妊娠31週までに使用してください)。

 

受診票の使用方法について

 受診票は志布志市が委託する医療機関・助産院において、定期的な健診のたびに利用してください。健診当日に受診票を持参し忘れた場合の取り扱いについては、各医療機関にお問い合わせください。この受診票は、一定額を上限として助成するものです。医療機関での指導内容や検査項目により自己負担額が発生することがあります。

 

志布志市が契約していない医療機関で受診票を利用する場合

 受診を希望される医療機関・助産院が志布志市の委託する医療機関・助産院でない場合は、ご連絡ください。志布志市から、ご希望の医療機関・助産院に委託契約の依頼を行います。

 

 委託契約ができなかった場合、医療機関・助産院で受診最終の妊婦健康診査を受診後、申請窓口に請求してください。

【申請に必要な書類】

医療機関・助産院に結果を記入してもらった受診票

領収書(原本)

母子健康手帳

通帳

印鑑

【申請窓口】

有明庁舎 保健課、志布志庁舎 福祉課保健係、松山庁舎 総務市民課保健係

(8時30分から17時15分まで)

 

他市町村から志布志市へ転入される方へ

転入手続きの際、妊娠していることを伝えてください。母子保健担当窓口にて、使用済の受診票の枚数を差し引いた分の枚数を交付します。

※母子健康手帳・前住所の妊婦健康診査受診票を持参してください。

 

志布志市から他市町村へ転出される方へ

 志布志市で交付された妊婦健康診査受診票は、利用できません。転出先で新たに受診票の交付を受けてください。

 

 

妊婦健康診査を委託している医療機関・助産院 一覧はこちら

公益社団法人鹿児島県医師会に加入する医療機関検索はこちら

お問い合わせ

保健課
健康支援係
電話:099-474-1111