SDGs(持続可能な開発目標)とは

2021年5月26日

   ロゴ.jpg

 

SDGsとは

 SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標です。2015年、ニューヨークで開催された国連サミットにおいて全ての加盟国(193カ国)が合意した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の中で掲げられました。2030年を達成年限とし、17のゴールと169のターゲットから構成されています。

 Sustainable Development Goalsの略称で、頭文字を取って、『SDGs』と書きます。『持続可能な開発目標』という意味で、「エス・ディー・ジーズ」と読みます。

 持続可能な開発を発生するためには、経済成長、社会的包摂、環境保護という3つの主要素を調和させることが不可欠です。

 

 

分かりやすくすると・・・

SDGSとは.jpg

  ※志布志高校の生徒さんと一緒に分かりやすくまとめてみました。

 

 

 

目標は全部で17

 SDGsの目標は、「全ての人間が豊か地球環境で、充実した持続可能な生活を送ることが出来るように、自然と調和した社会を作り、経済も成長できるよう、みんなで協力しよう」という思いで作られました。

 これらの目標は、各国の国情、能力、開発水準を考慮し、国内の政策と優先課題を尊重しながら、全世界で適用できるようになっています。そして、各目標は、5つの「P」という重要な分野に分類されています。

eople(人間)、rosperity(豊かさ)、lanet(地球)、eace(平和)、artnership(協力)

 

 

 

People(人間)

      

 

Prosperity(豊かさ)

     

 

Planet(地球)

   

 

Peace(平和)

 

Partnership(協力)

 

※各目標を詳しく知りたい方は、アイコンをクリックしてください。

 

 

全ての目標はつながっている

 それぞれの目標は相互に独立しているものではありません。そのため、総合的に取り組むことが必要です。全ての目標に相関関係があるのです。

 例えば、ビニール袋ゴミを食べてしまうウミガメを守りたいという思いが、すべての人を健康にし、住み続けられるまちづくりに繋がるのです。一見関係がないと思われる事柄は実は関連していて、問題を解決する糸口にもなるのです。

 

かめ.jpg  

17の目標は、お互いに繋がっていて、関連しています。

だから、SDGsのアイコンは円なんだね。

 

 

SDGs参考:国連広報センター

 

お問い合わせ

企画政策課
地方創生広報戦略係
電話:099-472-1111