農畜産物の生産に携わる方へ

2021年9月17日

生鮮野菜を衛生的に保つために

 

 

 生食用野菜が原因とされる食中毒の発生を未然に防止するため、栽培から出荷までの衛生管理の徹底について、農林水産省により指針が策定されています。

 食中毒が発生してしまうと、消費者の健康に被害がでるだけでなく、原因と疑われる食品への信頼が失われ、経済的に大きな損失がでる可能性があります。

 このような事が起きないよう、栽培から出荷まで最善の注意を払い、安心・安全な農畜産物を消費者へ届けましょう。

 

 

 

家畜ふん堆肥の製造・販売業者に携わる方へ

 

 

 野菜の生産現場において、より安全な堆肥の利用を推進していくためには、野菜生産者に家畜ふん堆肥を供給する製造業者の皆様の御協力が重要です。堆肥製造業者の皆様   におかれましても当指針を参考とし、製造・管理に努めていただきますよう、お願いします。

 

 

野菜の衛生管理指針.pdf(2MB)

指針のポイント.pdf(608KB)

農林水産省のホームページもご確認ください。↓

https://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/kome/k_yasai/

 

 

お問い合わせ

農政畜産課
生産流通係
電話:099-474-1111