○志布志市スクーリング・サポート事業実施規程

平成18年1月1日

教育委員会告示第5号

(趣旨)

第1条 この規程は、不登校の児童及び生徒(心理的、環境的その他の要因によって在籍する小学校若しくは中学校に登校しない、又は登校したくてもできない状態にある児童及び生徒をいう。以下同じ。)の早期発見及び早期対応をはじめ、より一層きめ細かな支援を行えるよう中核的機能を充実し、学校、家庭及び関係機関が連携した地域ぐるみのサポート・ネットワーク化を図るため、志布志運動公園体育館内に適応指導教室(以下「ふれあい教室」という。)を設置し、スクーリング・サポート事業を行うことに関し必要な事項を定めるものとする。

(事業内容)

第2条 志布志市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、スクーリング・サポート事業として、ふれあい教室において、次に掲げる事業(以下「事業」という。)を行うものとする。

(1) 家庭に引きこもりがちな児童及び生徒への訪問指導事業

(2) 不登校の児童及び生徒並びにその保護者への効果的な支援事業

(3) 不登校問題に取り組む学校に対する効果的な援助事業

(4) 不登校の児童及び生徒を支援する教室の整備及び体験活動プログラム事業

(通所できる者の範囲)

第3条 ふれあい教室に通所できる者は、志布志市立の小学校に在籍する児童及び中学校に在籍する生徒で不登校の状態にある者とする。ただし、教育委員会が特に通所させる必要があると認める者については、この限りでない。

(事業の実施日)

第4条 ふれあい教室に通所できる日は、次に掲げる日以外の日とする。

(1) 土曜日及び日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日

(事業の実施時間)

第5条 事業の実施時間は、午前9時から午後4時までとする。

(指導員等の設置)

第6条 ふれあい教室において、不登校の児童及び生徒の相談等に対し、指導を行う者として、ふれあい教室専門指導員(以下「指導員」という。)及び専門相談員(以下「相談員」という。)を若干人置く。

2 指導員及び相談員は、教育委員会が任用する。

3 指導員及び相談員の任期は、その任用の日から同日の属する会計年度の末日までとする。ただし、再任を妨げない。

(児童及び生徒への訪問指導等)

第7条 児童及び生徒への訪問は、当該児童及び生徒の在籍する小学校及び中学校との連絡を密にするとともに保護者と十分な連携を図りながら実施する。

2 不登校の児童及び生徒への訪問に当たっては、訪問を望む保護者からの要望並びに当該児童及び生徒の在籍する学校の長(以下「校長」という。)からの意見を十分参考にして対処する。

3 教育委員会は、訪問先の決定に当たって、家庭の状況及びこれまでの指導の経緯に配慮し、校長を通じて保護者との連絡及び調整を十分に行う。

(通所の申請等)

第8条 ふれあい教室への通所を希望する児童及び生徒の保護者(以下「申請者」という。)は、ふれあい教室通所申請書(様式第1号。以下「申請書」という。)を校長に提出しなければならない。

2 校長は、前項の申請書を受理したときは、当該児童及び生徒を通所させることの適否を審査し、適当であると認めるときは、当該申請に校長の意見を付して教育委員会に提出しなければならない。

(通所の決定等)

第9条 教育委員会は、前条第2項の校長の意見に関し審議し、その結果については、ふれあい教室通所決定(却下)通知書(様式第2号)により当該校長及び申請者に通知するものとする。

(報告)

第10条 教育委員会は、ふれあい教室に通所している児童及び生徒(以下「通所児童等」という。)の通所日数について、毎月、校長に文書又は口頭により報告するものとする。

2 教育委員会は、各学期終了後、通所児童等のふれあい教室における態度、状況その他必要な事項について、ふれあい教室通所状況報告書(様式第3号)により校長に報告するものとする。

3 教育委員会は、相談員が訪問相談を実施したときは、その状況等について、校長に報告するものとする。

(出欠の取扱い)

第11条 校長は、通所児童等がふれあい教室に通所した日数について、登校拒否問題への対応について(平成4年9月24日付け文初中第330号文部省初等中等教育局長通知)により、指導要録上出席扱いとすることができる。

(進級及び卒業の認定)

第12条 通所児童等の学年末における進級及び卒業の認定は、校長が行うものとする。

(災害の取扱い)

第13条 通所児童等のふれあい教室における指導中の災害及び通所途中の災害については、学校管理下における災害として取り扱うものとする。

2 指導員は、前項に規定する災害が発生したときは、速やかに、当該災害の発生経過、態様等について教育委員会及び校長に報告しなければならない。

(費用負担)

第14条 ふれあい教室における相談及び指導に係る経費は、無料とする。

2 ふれあい教室の通所に要する交通費、昼食費その他の実費については、当該通所児童等の保護者が負担するものとする。

(その他)

第15条 この規程に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成18年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の志布志スクーリング・サポート事業実施要綱(平成15年志布志町教育委員会告示第3号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この告示の施行後最初に委嘱される指導員及び相談員の任期は、第6条第3項の規定にかかわらず、平成18年3月31日までとする。

附 則(平成19年3月26日教委告示第5号)

(施行期日)

1 この告示は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際現にあるこの告示による改正前の様式(以下「旧様式」という。)により使用されている書類は、この告示による改正後の様式によるものとみなす。

3 この告示の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

附 則(平成20年1月17日教委告示第1号)

この告示は、平成20年1月17日から施行する。

附 則(平成26年4月24日教委告示第2号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月18日教委告示第2号)

(施行期日)

1 この告示は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際現にあるこの告示による改正前の様式(次項において「旧様式」という。)により使用されている書類は、この告示による改正後の様式によるものとみなす。

3 この告示の施行の際現にある旧様式による用紙については、当分の間、これを取り繕って使用することができる。

附 則(平成30年3月20日教委告示第1号)

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月17日教委告示第1号)

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

志布志市スクーリング・サポート事業実施規程

平成18年1月1日 教育委員会告示第5号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第11編 育/第3章 学校教育
沿革情報
平成18年1月1日 教育委員会告示第5号
平成19年3月26日 教育委員会告示第5号
平成20年1月17日 教育委員会告示第1号
平成26年4月24日 教育委員会告示第2号
平成28年3月18日 教育委員会告示第2号
平成30年3月20日 教育委員会告示第1号
令和2年3月17日 教育委員会告示第1号