ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 本庁 > 港湾商工課 > 志布志の夏そば始まりました。

本文

志布志の夏そば始まりました。

9 産業と技術革新の基盤をつくろう
ページID:0017190 更新日:2022年7月1日更新 印刷ページ表示

志布志の夏そばが始まりました。

年越しや引越しの際に食べるイメージが強いそばですが、志布志市では6月30日夏越の大祓いに志布志の夏そばを食べる食文化を推進し、今年で12年目となります。本来 新そばの季語は晩秋であり、通常の蕎麦の収穫は11月頃で、涼味の需要が高まる夏季に提供されるそばは前年に収穫された秋そばが使用されていることが一般的です。
志布志市では、温暖な気象条件を活用し、3月下旬に種子をまいて5月下旬~6月上旬に収穫する春まき型品種「春のいぶき」の栽培に取り組み、初夏に収穫された風味豊かな夏の新そばを使用しております。

市内16店舗及び市外店舗でも楽しむことができますので、ぜひ夏の志布志市にお越しください。

夏そばチラシ(表)夏そばチラシ(裏)

 

詳細は、一般社団法人志布志市観光特産品協会の特集ページ<外部リンク>をご覧ください。