ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 本庁 > 農政畜産課 > 無人マルチローター(ドローン)に係る安全対策について

本文

無人マルチローター(ドローン)に係る安全対策について

ページID:0018482 更新日:2022年9月22日更新 印刷ページ表示

空中散布の実施について 

 無人マルチローター(いわゆるドローン)を用いた空中散布での事故が、県内において発生しました。

 使用される皆様におかれましては、事故発生防止のため引き続き安全かつ適切な空中散布の実施に努めてくださいますようお願いします。

 万が一、空中散布による事故が発生した場合は、農政畜産課までご連絡ください。

発生した事案について

内容

 農薬散布の作業中、操作ミスにより電線に接触し、電線が切断され停電が発生した。

原因

 自機と障害物等の位置関係の把握に目視では困難であったことから、モニター画面に映るカメラ映像と地図上に表示される自機の位置情報を頼りに操縦していたところ、モニター画面と機体から目を離した際に、ブレーキのタイミングが遅れた。

再発防止のために

  1.  事前に取扱説明書やマニュアルを熟読し、機体の機能・性能を十分に理解しましょう。
  2.  山間部ではGPSの受信不良が起こりやすいことに留意しましょう。また、GPS制御が働かない場合に対応できるよう、技術向上に努めましょう。
  3.  必要に応じて、操縦技能を維持するため、航空法に規定された飛行禁止空域に該当しない人の往来や物件が存在しないほ場などで、航空法に規定された飛行の方法に従ってテストフライトを行いましょう。