ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・子育て・教育 > 生涯学習・スポーツ・文化 > 文化財・歴史 > 【市指定文化財】 牧野開田新田山架け越し水路橋

本文

【市指定文化財】 牧野開田新田山架け越し水路橋

ページID:0001442 更新日:2021年10月11日更新 印刷ページ表示

牧野開田新田山架け越し水路橋

 安楽川の曽於市末吉町高岡口より延びる用水路のうち、花房川を架け越す水路橋です。

 大正6年(1917年)着工、同10年通水、同11年にほぼ完成したと伝えられています。

 水路部分はコンクリートで、全長は57.9m(架橋部分27.1m)、4本の石造橋脚を持ち、橋脚高は6.75~9.95mです。

志布志市の文化財マップはこちら<外部リンク>