ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

【市指定文化財】 安楽城跡

ページID:0001452 更新日:2021年10月11日更新 印刷ページ表示

安楽城跡

 建久年間(1190~1198年)には伊佐平氏系の安楽平九郎為成が当地の地頭弁済使であり、この安楽氏が最初の城主とされています。

 城の規模は小さいですが、北西側の土居、曲輪1の土塁と周囲の帯曲輪、空堀3の土塁配置など注目すべきもので中世城郭の好資料です。

志布志市の文化財マップはこちら<外部リンク>