ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

【県指定文化財】 仁王像 一軀

ページID:0001480 更新日:2021年10月11日更新 印刷ページ表示

仁王像 一軀 

 大慈寺の門前に立つ、阿相の密述金剛の立像(向って左側)です。高さ229cm、幅124cmの大きさで、明治2年の廃寺により、一時は土中に埋没していましたが、明治12年に復元されました。「住山定岩叟天和二壬戌歳六月十二日石工藤田次郎右衛門寄進山下弥三左衛門尉盛明」と銘があり、天和2年(1682年)の作とされています。

 なお、向って右側の吽相の仁王像は、廃寺となった福寿山海徳寺より移動したものです。

志布志市の文化財マップはこちら<外部リンク>