ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・子育て・教育 > 生涯学習・スポーツ・文化 > 文化財・歴史 > 【市指定文化財】 高下谷の笠付方柱四面石塔婆

本文

【市指定文化財】 高下谷の笠付方柱四面石塔婆

ページID:0001481 更新日:2021年10月11日更新 印刷ページ表示

高下谷の笠付方柱四面石塔婆

 この石塔婆は軽石製で笠塔婆の一部と思われ、高さが約50cm程度で塔身と思われる部分が残存しています。方柱の三面に毛筆体の薬研彫りで梵字弥陀六字各号の各2字ずつを配当刻字しています。これは梵字の音読みで「ナ・マー・ア・ミ・タ・バタ」と読め、正面に「仁安三年拾貮月十三日大歳戌子」(1168年)と刻まれています。