ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

【市指定文化財】 肝付兼続の墓

ページID:0001485 更新日:2021年10月11日更新 印刷ページ表示

肝付兼続の墓

 肝付家16代兼続は志布志・福島・飫肥を領していた豊州島津氏を破り、志布志を隠居所と定め、大隅の経営に当たりました。

 永禄9年(1566年)に志布志で没し、位牌は大慈寺に安置されました。

 現在の墓所は天明2年(1782年)に再興されたものです。

志布志市の文化財マップはこちら<外部リンク>