ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・ビジネス > 産業振興 > 企業誘致 > ひまわり・太陽光システム株式会社と立地協定を締結しました

本文

ひまわり・太陽光システム株式会社と立地協定を締結しました

ページID:0001693 更新日:2021年10月11日更新 印刷ページ表示

ひまわり・太陽光システム株式会社と立地協定を締結しましたの画像1
下平 晴行志布志市長(左)、ひまわり・太陽光システム(株)近藤 昌良社長(中央)、西江園 明志布志市議会議長(右)

ひまわり・太陽光システム株式会社と立地協定を締結しましたの画像2

 6月22日、市とひまわり・太陽光システム(株)が、立地協定を締結しました。

 同社は、太陽光等の再生可能エネルギーによる発電事業を主業務として、平成27年に設立され、鹿屋市串良町を皮切りに、現在、大隅半島内に3か所の太陽光発電所を所有しています。大隅半島の地元企業として、再生可能エネルギー発電事業を通じて、地域に貢献できる企業を目指しており、現在では、主業務のほか、飲食レジャー施設の経営及び賃貸等の事業も展開しています。

 今回のホテル新設は、志布志港の港湾機能の拡充によるビジネス客の増加と、フェリーさんふらわあを利用した観光客や大隅半島の観光を目的とした滞在型観光客の増加を見込み、志布志市を拠点としたホテル建設が決定されたものです。同事業を通じて、地域交流の促進により交流人口が増加し、地域経済の活性化が期待されます。
 また、建設予定のホテルは、断熱や昼光利用を目的とした高性能建材や太陽熱を利用した高性能設備機器が採用されることが決定されており、国が推奨するZ E B(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)の基準を満たすもので、省エネルギーの実現により環境にやさしいホテルとなることを目指しています。

 このことにより、地域における雇用機会の拡大はもとより、志布志市をはじめとした大隅半島の観光振興にもつながり、地域経済の浮揚発展に大きく寄与するものと期待されます。

※Z E B(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)
 建物構造や設備の省エネルギー等の対策を通じて、エネルギーを自給自足し、化石燃料などから得られるエネルギー消費量がおおむねゼロとなる建物

立地協定日

 平成30年6月22日

企業概要

  1. 所在地
    鹿児島県肝属郡東串良町岩弘2664番地
  2. 創業
    平成27年12月1日
  3. 代表者
    代表取締役 近藤 昌良
  4. 従業員数
    4名
  5. 事業内容
    太陽光等の再生可能エネルギーによる発電事業及びホテル、
    飲食レジャー施設の経営及び賃貸等
  6. 資本金
    2,000千円
  7. 年商
    年間90,460千円(平成28年10月1日~平成29年9月30日)

新設する施設の概要

  1. 所在地
    志布志市志布志町志布志三丁目3133番地440 地図はこちら<外部リンク>
  2. 敷地面積
    1,882.93平方メートル
  3. 建物延べ面積
    2,080.25平方メートル
  4. 着工予定
    平成30年6月(予定)
  5. 建物階数
    5階建
  6. 部屋数
    97部屋 (内訳:シングル 92、ダブル 4、バリアフリー対応 1)
  7. 操業予定
    平成31年4月(予定)
  8. 投資予定額
    約8億円
  9. 新規雇用者
    約10名
  10. 事業内容
    ホテル事業

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?