ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 産業・ビジネス > 産業振興 > 企業誘致 > ダンフーズ株式会社と立地協定を締結しました

本文

ダンフーズ株式会社と立地協定を締結しました

ページID:0001700 更新日:2021年10月11日更新 印刷ページ表示

ダンフーズ株式会社と立地協定を締結しましたの画像1
西江園 明志布志市議会 議長(左)、下平 晴行志布志市長(中央左)、ダンフーズ(株) 螺澤 七郎代表取締役(中央右)、田崎 寛二鹿児島県商工労働水産部 部長(右)

ダンフーズ株式会社と立地協定を締結しましたの画像2

 1月11日、市とダンフーズ(株)が、立地協定を締結しました。

 同社は、野菜の一次加工品を製造販売する会社として、昭和49年4月に愛知県豊田市にて創業。当時としては画期的な減圧低温濃縮法により、玉ねぎ・人参などの濃縮野菜エキスの製造・販売を展開。その後、平成7年には北海道斜里町に工場を開設。昨年、創業45周年を迎え、長きにわたり、加工技術を向上させながら、一貫して野菜の一次加工品を加工食品製造メーカーに提供しています。
 また、平成28年10月には、調味料メーカーの日香化成(株)(北海道札幌市)を傘下に収め、「現地生産・現地加工」をモットーに、野菜加工の6次産業化を推進する体制を充実させ、販売拠点を広げながら順調に業績を伸ばしています。
 今回の九州進出は創業者の夢であり、現社長が進出先として野菜原料が豊富である大隅半島に照準を合わせ、志布志市の安楽大迫工業団地内に進出を決定したものです。新設工場では、南九州地域で生産される規格外品を含む多くの野菜を原料とし、農産物の加工品を製造することとしています。また、志布志港を発着する国内定期航路を活用し、全国各地へ製品が輸送されることで、志布志港の貨物取引量が増大することが期待されます。

 これにより、地域における雇用機会の拡大はもとより、志布志港の取扱貨物量の増大にもつながり、地域経済の浮揚発展に大きく寄与するものと期待されます。

立地協定日

 平成31年1月11日

企業概要

  1. 本社所在地
    愛知県名古屋市中村区藤江町四丁目43番地
  2. 代表者
    代表取締役 螺澤 七郎(かいざわ しちろう)
  3. 資本金
    1,000万円
  4. 従業員数
    74名(平成30年8月 現在)
  5. 工場・営業所
    豊田工場・加納工場(愛知県豊田市)、斜里しれとこ工場・D A N工場・JA斜里エキス工場(北海道斜里町)、東京営業所(東京都世田谷区)札幌営業所(北海道札幌市)
  6. 事業内容
    農水産物の加工・販売
    (食品の冷凍・冷蔵業、ソース類製造業、食用油脂製造業)
  7. 年商
    約11億1,658万円(平成29年度)
  8. リンク先
    ダンフーズ株式会社<外部リンク>

増設する施設の概要

  1. 工場名
    ダンフーズ株式会社 志布志安楽工場
  2. 所在地
    志布志市志布志町安楽字迫田4623番地3
    (安楽大迫工業団地内) 地図はこちらへ<外部リンク>
  3. 用地面積
    7,671平方メートル
  4. 建物面積
    約2,000平方メートル
  5. 着工予定
    2019(平成31)年9月
  6. 操業予定
    2020(平成32)年4月
  7. 投資予定額
    約4億5,000万円
  8. 新規雇用者
    約30名
  9. 事業内容
    農産物の加工(ペースト・ピューレ・カット・搾汁)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?