ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 健康・子育て・教育 > 医療・健康・福祉 > 高齢者福祉 > 志布志市における介護保険事業の特徴把握について
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 生活のできごと > 介護 > 志布志市における介護保険事業の特徴把握について
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 保険・保健・年金 > 介護保険 > 志布志市における介護保険事業の特徴把握について

本文

志布志市における介護保険事業の特徴把握について

ページID:0002260 更新日:2021年11月1日更新 印刷ページ表示

 地域包括ケア「見える化」システムを活用し、全国・県との平均や経年変化の分析を行い、本市における介護保険事業の特徴把握をしております。

 調整済み認定率(15.6%:令和3年3月末現在)は、全国・県平均よりも低い水準であるが、在宅サービスが低く、施設・居住系サービスが高いため、全国・県平均と比べると、施設で高齢者を支えている地域となっております。

 また、第1号被保険者1人当たり給付月額(25,673円:令和3年3月末現在)は、全国・県平均よりも高い水準であります。

 今後においては、介護資源等を把握し、地域の実情に応じた生活支援の充実が必要と考えております。

 地域包括ケア「見える化」システムの活用資料 (PDFファイル/152KB)

◎第7期介護保険事業計画の取組評価について(令和2年度)

 第7期「目標と取組に関する自己評価シート」 (PDFファイル/112KB)

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?
Adobe Reader<外部リンク>
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)