ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 本庁 > 保健課 > 「ハンセン病問題を正しく理解する週間」に関するお知らせ

本文

「ハンセン病問題を正しく理解する週間」に関するお知らせ

ページID:0025561 更新日:2024年6月10日更新 印刷ページ表示

 ハンセン病問題に対する解決の促進を図るために、鹿児島県では「ハンセン病問題を正しく理解する週間」を定めています。

 誤った隔離政策によって、強制的に隔離され、ご本人だけでなく、ご家族も偏見や差別を受け、多くの方々のかけがえのない人生が奪われました。

 病気が治っても家族の元へ帰れず、社会復帰が難しい状況にあり、今もなお、多くの方々が、療養所での生活を余儀なくされています。

 長い間、偏見や差別に苦しめられたハンセン病であった方々や家族が、平穏に安心して生活できる地域づくりのために、また、二度とこのような悲しい歴史を繰り返さないために、私たち一人ひとりがハンセン病問題とは何かを正しく理解することが大切です。

ハンセン病問題を正しく理解する週間

令和6年6月16日(日曜日)から令和6年6月22日(土曜日)

 

ハンセン病問題に関する知識

・ハンセン病は、らい菌によっておこる感染症で、遺伝病ではありません。

・らい菌の感染力は弱く、非常にうつりにくい病気です。

 また、早期発見と早期治療により、短期間で完治する病気です。

・「らい予防法」が1996年(平成8年)に廃止されるまで、90年もの長きに渡って誤った隔離政策が続いたことで、ハンセン病であった方々やそのご家族は、故郷や家族との絆を断たれたり、今もなお残る根強い差別や偏見に苦しむなど、現在も問題が残されています。

 

補助金について

 令和元年11月に「ハンセン病元患者家族に対する補償金の支給等に関する法律が施行され、対象となるハンセン病元患者のご家族に補償金が支給されます。

 なお、補償金の請求期限は、令和6年11月21日までとなっています。

 詳細は、厚生労働省ホームページ又は、窓口(03-3595-2262)にお問い合わせください。

  ハンセン病に関する情報ページ(厚生労働省)<外部リンク>

皆さまのご意見をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?

AIチャットボットに質問する
閉じる